どんな特徴があるのか

女性

ひかり電話というのは、インターネットを利用するための光回線を使って通話をおこなうというIP電話サービスのことを指します。そのため、光回線を導入していな場合はまず回線を引く必要がありますが、すでに光回線を使っている場合はその回線をそのまま使うことができるのです。ひかり電話の大きな特徴としては、従来の固定電話と比べると料金が安く済むということがまず挙げられます。そうしたメリットから利用者が増えており、現在では固定電話の半数以上がひかり電話に置き換わっていると言われています。またひかり電話は家庭で使う個人用としてだけでなく、店舗や法人でも導入が広がっており、今後ますます需要が増えていくことが予想されるでしょう。

料金はどうなっているのか

固定電話

ひかり電話のサービスで最も特徴的なのは、従来の固定電話と比べると基本料金や通話料金が安いということです。従来の固定電話の場合は、基本料金が1,450~1,950円で、固定電話への通話料金が3分8.5円~80円(距離が遠いほど高くなる)となっています。しかしひかり電話の基本料金は、500円となっているので、従来の固定電話の3分の1や4分の1程度の料金で済むのです。そして固定電話への通話料金に関しては、ひかり電話の場合は全国どこへかけても3分8円となっているため、県外などの遠方に電話をかける機会が多い人ほどお得になります。さらに携帯電話への通話料金についても、ひかり電話のほうが割安になりますし、携帯キャリアによっては半額以上安くできる場合もあると言えるでしょう。また利用料金の支払いに関しては、電話代だけ別に支払うのではなく、光回線の料金と一緒に支払うことになるため手間がかかりません。

その他のサービスについて

固定電話

ひかり電話のサービス内容として知っておいたほうがよいこととしては、他にも「従来の固定電話の電話番号をそのまま利用できる」ということが挙げられます。電話を変えるときは電話番号も変える必要があるのではないかと心配する人も多いかもしれませんが、手数料を5,000円程度支払うことでひかり電話への引き継ぎが可能です。そして従来の固定電話には、ナンバーディスプレイとキャッチホン、そしてボイスワープというオプションサービスがありますが、ひかり電話でも「従来のオプションを利用することが可能」となっています。しかもひかり電話の場合は、3つのオプションをまとめて利用すると、セット割引が適用されるため料金もお得になります。

広告募集中